【効かない】ヒゲ脱毛で家庭用脱毛器は後悔する可能性が高すぎる件

ヒゲ脱毛

こちらでは家庭用脱毛器をヒゲ脱毛に使うのはどうなのか?について解説します。

結論からいうと、ヒゲに対して家庭用脱毛器はあまり効きません。

全く効果がないわけではありませんが、効果は非常に薄いです。特にひげが濃い人はヒゲ目的で買うと痛い目にあいます。

ちなみに家庭用脱毛器よりも、おすすめのヒゲ脱毛方法はこちら。

家庭用脱毛器でヒゲを脱毛するとどうなるの?

家庭用脱毛器でヒゲ脱毛をすると、どうなるかを解説しています。

こちらについて解説します。

ちなみに今回は実際にケノンを6年以上使い続けている、自分の弟に話を伺ってきました。

非常に参考になる意見を聞けたので、その情報をシェアします。

 

1.基本的にヒゲに脱毛器は効かない

まず最初にですが、基本的にヒゲに家庭用脱毛器は効かないということです。

特に濃いあごひげに関しては、多少は薄くなったかなというレベルです。ただ多少は薄くはなるので、青髭が改善される可能性はあります。

ただ個人差があるので、効く人も少なからずいるようです。

 

2.頬のヒゲや薄いヒゲなら効くかも

それと頬のヒゲや薄い髭には家庭用脱毛器は効くようです。

弟がケノンを使った範囲では、頬の毛は消えて強いあごヒゲだけ残ったとのことです。だから全く無駄ではない感じです。

ヒゲ剃りが少し楽になる効果は期待できるようです。

 

3.若くて産毛のうちなら効くかもしれない

それと若いうちであれば、ヒゲでも脱毛できる可能性があります。

それと弟が言っていたのですが、10代から20代前半の若い時期の弱いヒゲなら、ケノンで脱毛できるかもしれないとのこと。

実際にネット上で調べても、ケノンでヒゲ脱毛に成功した人は圧倒的に若い人が多いです。

確証はありませんが、若い方でケノンを所持している方は試してみても良いかもしれません。

 

4.永久脱毛は出来ない

あと家庭用脱毛器では永久脱毛はできません。

永久脱毛できるのは医療レーザー脱毛か、ニードル脱毛しかありません。そのため仮に脱毛に成功しても継続する必要がある点は注意が必要です。

ですから永久脱毛希望の場合は、早めに医療レーザー脱毛にシフトしましょう。

 

他にケノンをヒゲに使い続けた人の意見はどうなの?

今回は自分の弟に話を聞いたのですが、他にもケノンを3年以上使っている方の動画を見つけました。

この方もうちの弟と完全に同意見で、頬には効果があるが、あごヒゲには思ったような効果は期待できない。

若いうちであれば効くかもしれないということでした。

そして現在、この方はあごヒゲに関してはケノンではなく、医療レーザー脱毛にシフトしているとのことでした。

やはりあごヒゲに関しては、医療レーザー脱毛が良さそうですね。

 

ヒゲを脱毛するなら家庭脱毛器はイマイチ!ならどうすべき?

脱毛方法 利点 欠点
医療レーザー脱毛:おすすめ
(脱毛クリニックで施術)
永久脱毛が出来る 一度脱毛したらもう生えてこない。痛い
フラッシュ脱毛
(脱毛サロンで施術)
手軽に減毛できる。また生やすことができる 永久脱毛ができないので、通い続ける必要がある
ニードル脱毛
永久脱毛できる。デザイン脱毛できる 超痛い、高コスト
家庭用脱毛器 自宅で手軽に脱毛できる 濃い髭には効かない
ブラジリアンワックス なし 出血する
除毛クリーム なし そもそも顔には使えない
毛抜き 即効性はある 痛い。肌荒れする。また生えてくる
カミソリ 即効性はある 肌荒れする。また生えてくる

ちなみにヒゲ脱毛に関しては、医療レーザー脱毛が一番お勧めです。

コスパも良いですし、永久脱毛をすることも可能です。ヒゲ脱毛をするなら真っ先に検討したい方法です。

他の方法に関してはあまりお勧めできません。特にブラジリアンワックスと除毛クリームは論外です。

 

ヒゲを脱毛する方法を解説

続けてヒゲ脱毛の方法をもう少し詳しく解説します。

こんな感じです。参考までにどうぞ。

 

1.医療レーザー脱毛

医療レーザー脱毛はヒゲ脱毛に一番おすすめな方法です。

永久脱毛できますし、コスパが非常に良いのが理由です。医療脱毛なので痛いのですが、髭剃りから卒業できると思えば耐えられます。

個人的に一番推奨したい方法です。

 

2.フラッシュ脱毛

フラッシュ脱毛は一時的な減毛をしたい人に適しています。

フラッシュ脱毛では永久脱毛ができないので、一時的にヒゲを脱毛したい人に適しています。

今後ヒゲを生やす予定がある人であれば、検討する価値はあります。

 

3.ニードル脱毛

ニードル脱毛はヒゲのデザイン脱毛に適しています。

1本づつ処理をするので、ヒゲを自分の好きな形にデザインしやすいです。ヒゲを形にこだわりがある方におすすめ。

永久脱毛をできるのも強みです。

ただし痛みが強く、コスパが悪いため多くの人に勧められる方法ではありません。あくまでデザイン脱毛に絞った利用であればOKです。

 

4.家庭用脱毛器

最後に家庭用脱毛器です。

これに関しては先ほど解説したので、解説は省かせていただきます。

 

ヒゲ脱毛は家庭用脱毛器ではなく脱毛クリニックへ

ヒゲ脱毛は家庭用脱毛器ではなく、脱毛クリニックで医療レーザー脱毛を受けましょう。

家庭用脱毛器は家庭用に出力を調整されているため、ヒゲのような強い毛には効果が薄いのが実情です。

濃いヒゲに悩んでいるのであれば、医療レーザー脱毛を検討してみましょう。詳細は以下の記事をご覧ください。

ヒゲ脱毛に家庭用脱毛器を使っても効果がない場合もあります。濃いヒゲで悩むなら医療レーザー脱毛を検討してみましょう。

ヒゲ脱毛の記事をもっと見る

 

※情報の正確性には細心の注意を払っていますが、間違っている情報があればコメント欄で指摘して頂けるとありがたいです。

メディアに掲載している情報で不明点があるならば、お問い合わせフォームかコメントからご連絡ください。

この記事のコメント

タイトルとURLをコピーしました