【危険】ヒゲ脱毛に除毛クリームは絶対にNG!ならどう対策すべき?

ヒゲ脱毛

こちらではヒゲに除毛クリームを使うことについて解説していきます!

結論から言うと、ヒゲに除毛クリームは使ってはダメです。

全く効果がないわけではありませんが、デメリットが多すぎます。ではなぜダメなのかを詳しく解説していきます。

ちなみにヒゲ脱毛におすすめな方法はこちら。

ヒゲ脱毛に除毛クリームを使っていけない4つの理由

まず第一に、ヒゲに除毛クリームを使ってはいけない理由を解説します。

具体的には上記の4つの理由から、使用は推奨していません。

 

1.そもそも除毛クリームは顔に対応していない

まず第一に除毛クリームは顔には対応していません。

裏面の成分表などをみても、顔に使用しないでくださいと明記されています。メーカー非推奨の使い方をしているので、リスクがあるのは当然です。

絶対に避けるべきです。

 

2.肌荒れの原因となる

除毛クリームの有効成分であるチオグリコール酸カルシウムは、副作用として肌荒れをしてしまいます。

このチオグリコール酸カルシウムは髪の毛のタンパク質に反応して、溶かす働きをするのですが、肌のタンパク質にも反応してしまいます。

顔の皮膚はデリケートであるため、体に使った時と比較して肌荒れが起きやすいのです。

 

3.目や口に入ると危険

目や口などの粘膜部分には絶対に入れてはいけません。

タンパク質を分解するので、目や口などの粘膜部分に入ると危険です。そのため入る可能性がある顔には使用すべきではありません。

特に目に入ると充血や、失明リスクがあるとも言われています。

 

4.そもそもヒゲに除毛クリームは効かない

あとこれは大事なのですが、ヒゲに除毛クリームは効かないんですよね。

正確には頬の毛とかには効いたりするのですが、アゴヒゲには全然効かなかったりします。

まだ若くてアゴヒゲが産毛レベルなら効くかもしれませんが、肌荒れリスクがあるのでやはり非推奨です。

 

実際にヒゲ脱毛に除毛クリームを使うとどうなる?

ちなみに実際にヒゲに除毛クリームを使った動画を見つけました。

実際に使用した感じとしては、一部の髭が取れたがヒリヒリしてめちゃくちゃ痛い。強力なアゴヒゲには全く効かないという感じ。

やはり除毛クリームは絶対にヒゲに使っちゃダメですね。

んじゃあ一体どうすればいいの?ということで解決策を解説します。

 

除毛クリームがダメならヒゲ脱毛をどうすればいい?

んじゃあヒゲ脱毛をするにはどうすればいいの?ということで、おすすめのヒゲ方法について解説します。

脱毛方法 利点 欠点
医療レーザー脱毛:おすすめ
(脱毛クリニックで施術)
永久脱毛が出来る 一度脱毛したらもう生えてこない。痛い
フラッシュ脱毛
(脱毛サロンで施術)
手軽に減毛できる。また生やすことができる 永久脱毛ができないので、通い続ける必要がある
ニードル脱毛
永久脱毛できる。デザイン脱毛できる 超痛い、高コスト
家庭用脱毛器 自宅で手軽に脱毛できる 濃い髭には効かない
ブラジリアンワックス なし 出血する
除毛クリーム なし そもそも顔には使えない
毛抜き 即効性はある 痛い。肌荒れする。また生えてくる
カミソリ 即効性はある 肌荒れする。また生えてくる

基本的にヒゲ脱毛方法は医療レーザー脱毛一択です。

基本的に永久脱毛をしたいのであれば、医療レーザー脱毛かニードル脱毛に限られるのですが、コスパは医療レーザー脱毛の圧勝です。

家庭用脱毛器は濃いヒゲに効かず、ブラジリアンワックスと除毛クリームは論外と言ったところです。

 

ヒゲを脱毛する方法を解説

もう少しヒゲ脱毛方法について解説します。

これらのやり方について掘り下げて解説します。

 

1.医療レーザー脱毛

医療レーザー脱毛は数少ないヒゲの永久脱毛が可能な方法です。

医療用レーザーにより毛が生える元である毛母細胞、または発毛指令を出すバルジ領域を破壊することにより、毛を生えなくします。

非常にコスパが良いのが特徴です。湘南美容外科なら29,800円で施術して貰えます。

ただし一度施術が完了すると、二度とヒゲを生やすことが出来ない点は注意が必要です。十分に注意しましょう。

 

2.フラッシュ脱毛

フラッシュ脱毛はヒゲの減毛が可能な脱毛方法です。

フラッシュ脱毛はヒゲの永久脱毛は不可能なのですが、一時的な減耗や抑毛は可能です。主に脱毛サロンで受けられます。

将来的におしゃれヒゲを生やしたい人にはおすすめです。

 

3.ニードル脱毛

ニードル脱毛はヒゲのデザイン脱毛に適した方法です。

1本単位で施術をするので、自分の気に入ったヒゲのデザインにすることが可能です。白髪のヒゲも問題なく脱毛可能です。

そして注意点なのですが、めちゃくちゃ痛い点と料金が非常に高い点です。

万人向けのやり方ではないので、ある程度人を選びます。

 

4.家庭用脱毛器

家庭用脱毛器はヒゲ脱毛にあまりお勧めできません。

頬のヒゲや弱いヒゲには効くのですが、アゴヒゲには効果が無いという意見が多いです。そのため非推奨です。

また10代や20代前半でヒゲが薄い方であれば、効果はあるかもしれません。

脱毛をするのであれば、医療レーザー脱毛が一番お勧めです。他の方法はどうしてもイマイチ感が拭えません。

 

ヒゲ脱毛は除毛クリームではなく脱毛クリニックへ

ヒゲを脱毛するのであれば、除毛クリームではなく医療レーザー脱毛が出来る「脱毛クリニック」に通いましょう。

現状ではこの方法が一番現実的です。除毛クリームでは満足いく効果が得られませんし、肌荒れも起こしてしまうからです。

ちなみに医療レーザー脱毛でおすすめのクリニックは、以下の記事をご覧ください。

ヒゲに除毛クリームを使うのはダメ絶対!

ヒゲを永久脱毛したいなら脱毛クリニック一択です!

 

ヒゲ脱毛の記事をもっと見る

 

※情報の正確性には細心の注意を払っていますが、間違っている情報があればコメント欄で指摘して頂けるとありがたいです。

メディアに掲載している情報で不明点があるならば、お問い合わせフォームかコメントからご連絡ください。

この記事のコメント

タイトルとURLをコピーしました